5月も恒例のmaneoの期失が発生しましたが、特筆すべきなのは、昨年7月の行政処分後のmaneo案件にも期失が発生しているところ。

けっして、行政処分後もリファイナンス基準が厳しくなり、案件の安全性が高まっているわけではないこと。

今後も行政処分後の案件も続々と期失になると思われます。

GIL以外のmaneoファミリーは無罪だとか行政処分以降のmaneo案件は安全性が高まったとかというアフィブロガーの「怪」情報を信じてmaneo系から逃げ遅れた人は、相当な覚悟をするしかないような状況です。

金融は信用第一なので、あれだけNHKを始め大手マスコミに杜撰さを取り上げられたmaneo系の案件が業界内から敬遠されexitが困難になることは予想されたことだと思います。

ですから、私自身昨年6月以降maneo系への投資を見送っていますし、ブログでも再三maneo系の危険性について注意喚起・警告してきました。

金融庁や大手マスコミの警告にすかさず反応できたかどうかで投資家間で明暗が分かれることになったと思います。

もちろん法整備の不備を承知の上で投資を行っている以上、原則投資家の自己責任ですが、一方で投資家の大切なお金が、次々と悪質なSL事業者や節操のないアフィブロガーの養分にされていくSL業界の現状もいかがなものでしょうかねえ。

果たして問題があるのは、本当にmaneo系だけなのか、他の事業者も同じ穴のムジナのところもあるのではないのか、投資家はしっかり吟味していかないと悲劇はまだまだ続きそうな気がします。

ランキングに参加しています。参考になった情報、興味を持った記事がありましたら、クリックをお願いします。
リンク先にはソーシャルレンディングを取り扱うブログがたくさんあるので、いろいろと参考になりますよ。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

【アフィリエイトリンク】すべて管理人が実際に利用しています。口座開設をお考えの方はこちらからどうぞ。

(参考)私の事業者格付け
格付け事業者
AAASBISL ビットリアルティ  Jointo α
AALCレンディング Ownersbook Funds(上場企業系)
AFANTAS Funding  CREAL  Funds(非上場) LANDNET
Funds 
上場企業が参加 50万円投資中
 FANTAS funding
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング
 170万円投資中
CREAL
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング 150万円投資中
SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。700万円投資中
OwnersBook 
上場会社が運営。140万円投資中
クラウドバンク
  証券会社が運営。50万円投資中

【SL事業者別投資残高(2019.5.18現在)】